彼は足フェチで私にストッキングを履かせるのが最高の楽しみだと言っていました。|原一探偵事務所

HOME浮気発見エピソード>彼は足フェチで私にストッキングを履かせるのが最高の楽しみだと言っていました。

浮気発見エピソード

彼は足フェチで私にストッキングを履かせるのが最高の楽しみだと言っていました。
20代女性
元彼の話です。

彼は足フェチで私にストッキングを履かせるのが
最高の楽しみだと言っていました。
彼の家には大量のストッキング(もちろん新品)。
高学歴かつ優しい彼は友達の間でも評判だったし
ストッキングだけではなく、新しい靴も買ってくれるし
何より優しかったので、多少の変態は仕方がないと思い、寛容な心で付き合っていました。

発覚したのは付き合って1年後のある日。
掃除中、彼のストッキング保管棚が決壊。
雪崩のように重なったストッキングの中にSサイズを発見しました。(私はM~Lサイズ)
急いで彼のネット注文の履歴を調べると
ストッキングの他に22cmの靴を購入した履歴もあり
浮気を確信。

丁度その頃、私が彼に紹介した後輩の中に
「THE・Sサイズ」の子がいて、直感的にその子だと思いました。

怒りと同時に「いつまでもこの人と付き合っていくのもな・・・」と脱力感も感じ、別れを決意。

別れ話を切り出す前に、私の足を含む、彼の「足コレクション画像」は全て消去し、大学内で友達に
「足しか愛して貰えないのは辛い」と根回し。

程よく彼が「変態」という噂が出回った所で
別れ話を切り出しました。

彼は若干抵抗を見せたものの、
後輩に心が傾いていたらしく、あっさり了承。
曰く、夏の度に実家に帰り、虫さされを作って
帰ってくるのが気に入らなかったと。
(私の実家はヤブ蚊もいっぱいいるド田舎)

後日大学で、彼が購入した靴を履いている後輩を
発見したので、「旅行に行っても足の写真しか撮られないよと」と警告。
大学では「好きだったけど、やっぱりついていけなかった」と不幸な女を演じきりました。

その後、彼は後輩に振られ(そこまでの足好きだと知らなかった)、「1年以上付き合ってくれたのは君だけだった」と復縁要請がきましたが、無視。

大学内でも「隠しているけど、かなりのド変態」のレッテルを貼られた彼は、在学中は彼女ができなかった模様。

それから10年、私は普通の旦那と結婚し
テレビを眺めていたのですが、
車のモーターショーのニュースに映る元彼を発見。
コンパニオンの女性(の足)の写真を一生懸命撮っていました。

風の噂では婚約してた女性がいたにも関わらず、
スポーツクラブで講師の女性に付きまとい
婚約破棄され慰謝料を払っているらしいです。

原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介 浮気調査オンライン見積り
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト 探偵ノート
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。
WAIN GROWTH LIMITED
7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom