アメリカの探偵事務所|原一探偵事務所

HOME探偵110番 > アメリカの探偵事務所

探偵110番

アメリカの探偵事務所

●アメリカで探偵業を行うにはライセンスが必要です

日本の探偵事務所とアメリカの探偵事務所はまったく異なっています。

日本は「探偵業法」の取り決めで、各都道府県の公安委員会に
探偵業の開業届けを行えば、探偵事務所として営業が行えます。

ですが、アメリカで探偵業を行うには、
国や州が発行しているライセンスを取得しなければなりません。

このライセンス取得試験は、ペーパーテストと面談とがあり、
審査が厳しいく、なかなか合格しにくいと言われています。

また、ライセンスが取得できたとしても、事務所を設立する場合は、
営業保証金を供託しなければならないのです。

そして、探偵事務所設立の規定も厳しく、その規定に違反した場合は
探偵のライセンスを剥奪され、二度と探偵業を営むことができないのです。

●アメリカ探偵社の権限

アメリカの私立探偵は「警備業」に含まれています。
また、探偵は拳銃の携帯も許可されていますので、私立探偵というより
私立刑事といった表現のイメージが近いのではないでしょうか。

アメリカの探偵は、日本の探偵事務所と違い、刑事事件も扱います。
ですので、公判の証拠集めなども取り扱い、裁判などで発言を行っていますし、
また、警察のように逮捕権限を持っています。

このように、日本とアメリカの探偵事務所は、さまざまな違いがありますので、
国民の「探偵」に対するイメージも随分と違いがあるようです。

原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介 浮気調査オンライン見積り
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト 探偵ノート
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。
WAIN GROWTH LIMITED
7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom