過去の不貞行為を理由に離婚できる?|原一探偵事務所

HOME探偵110番 > 過去の不貞行為を理由に離婚できる?

探偵110番

過去の不貞行為を理由に離婚できる?


今回は過去の離婚を理由に離婚できるのか?という事ですが、
まずは、不貞行為は民法770条1項のより離婚原因となっています。
その為不貞行為の発覚後離婚に至る場合は離婚も、慰謝料の請求も可能です。

しかし、過去の判例ですと「不貞行為の発覚後、
その後の話し合いで相手に反省の気持ちが認められたため、
一度は許して夫婦生活も復活し、その後半年ぐらいは
平穏な常態が続いたが、お互いに干渉し過ぎになり
それが原因で離婚に至った。」
という事案の判断では一旦ご主人の不貞行為を許し、
通常の夫婦生活を送りながら、再び過去の不貞行為を理由に
離婚請求することは認められないということになります。

もちろん、不貞行為の発覚後許すことなく生活がすすみ、
現在に至る場合はこの限りではありません。

しかし、同判決はまた、その後の夫婦関係が回復し難いほどに破綻し、
民法770条1項5号の婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に
該当するような場合には、破綻について主な責任があるとはいえない
一方配偶者からの離婚請求を認めています。

したがって、不貞行為を原因とする離婚は認められないが、
上記民法770条1項5号に該当するような状態であれば、
それを理由とする離婚請求が認められるということになります。

勿論、民法763条の協議離婚であれば夫婦間の問題となりますので、
お互いの協議の結果、過去の不貞行為を原因として、今後の生活費や
教育費、慰謝料の設定をすることも可能です。
浮気調査のご相談はこちら

原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介 浮気調査オンライン見積り
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト 探偵ノート
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。
WAIN GROWTH LIMITED
7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom