調査料金

まずは、ご相談内容をもとに 無料でお見積りいたします

当社では、あなたの不安や悩みごとなどを専門アドバイザーがお聞きしたうえで、
長年の実績と積み重ねて来たノウハウを生かし、お客様に最適な調査のプランニング、お見積りを算出しております。もちろんすべて無料です。

総調査費が事前にわかる 安心・納得の
お見積りシステム

ここが安心POINT!!
お見積りに記載した以外の
追加料金は一切いただきません!!
  • 日数/時間
  • 人員数
  • 機材
  • 報告書
  • 車両
  • 諸経費
ここが安心POINT!!
追加料金は一切頂きません!!

お見積りには諸々経費も含無すべてが含まれています。
お見積りに記載した以外の追加料金は一切いただきません。

調査日数・時間・人員数などお客様と綿密な打ち合わせをし、諸経費を含む総調査費をご提示いたします。お見積り以外の追加料金がかかることはございません。

調査料金の目安

調査料金は、調査対象者の住居・住宅環境・交通手段・職種・行動パターンなどの状況や、
お客様の調査希望内容により異なります。まずはお気軽にお問合わせください。

家出調査 人探し・行方調査

家出調査の料金目安

トライアル料金
100,000
目安料金
300,000

人探し・行方調査の料金目安

トライアル料金
100,000
目安料金
350,000
見守り調査 浮気調査

見守り調査

目安料金
30,000円~

浮気調査の料金目安

トライアル料金
49,800
目安料金
250,000
結婚前調査 素行調査

結婚前調査の料金目安

トライアル料金
100,000
目安料金
350,000

素行調査の料金目安

トライアル料金
49,800
目安料金
250,000
身辺調査 ストーカー対策

身辺調査の料金目安

目安料金
350,000円~

ストーカー対策の料金目安

調査料金
49,800円~
盗聴器・盗撮調査 その他調査

盗聴器・盗撮調査の料金目安

調査料金
90,000円~

その他調査の料金目安

調査の内容、お客様の状況によって料金が異なりますので、まずはお問合わせください。

トラブル事例のご紹介

調査方法は各探偵社によってバラバラですが、浮気調査の探偵トラブル事例を紹介します

調査費用に関するA社のトラブル例
● GPSのみの調査で(車の移動軌跡のみ)調査員が現地に着いておらず 「夫の車がラブホテルに停まっている様子!
  追加のメンバーを送らなければ追尾できない!」
と追加を要求された。
● 希望した調査日に、人員不足を理由に調査が出来なかった!(勝負日を逃してしまった)
● 「調査指定日は4日前には連絡してください!」と言われ、緊急調査に対応できなかった!
● 契約書がなく、不安になった……。
調査費用に関するB社のトラブル例
● 「経費は後日実費だけを請求します」と言われ安心していたのに、当初の金額の倍の請求が来た!
● 当初打ち合わせの金額と実際の支払額の差が大きすぎる。
● 最終的にこんなにかかるなら他の探偵社で2日間調査できた!
調査費用に関するC社のトラブル例
● GPS(車の移動軌跡)のみの調査で調査員が現地に赴いておらず
  成功報酬制で安心していたのに、浮気の証拠が取れていないのに成功報酬を取られた!
● 成功報酬の定義がわかりにくい!

※成功報酬の定義は各社まちまちです。
①女性との接触は確認できたが女性の自宅が判明していない。
→女性とは接触が確認できたので成功
②女性と接触し、女性の自宅も判明したが、ホテルには行かなかった(浮気の証拠なし!)
→ホテルに行く行かないは当人同士の問題!
③依頼者が望んだ調査目的が達成できていない。
→成功報酬の定義は当社規定による!当社の規定では成功報酬の対象です。

諸々の理由を上げて、成功報酬を取られるケースが発生しています。
原一探偵事務所の調査費用の場合
原一探偵事務所は、追加料金を一切頂きません!!

● 調査に必要な諸経費はすべて、最初のお見積りに含まれています。
● お見積りに記載した以外の追加料金は一切頂きません。
● ネットワークを生かした調査で無駄な経費がかかりません。
● 調査員が多数在籍することで、緊急調査にも即日対応が可能です。

組織力がない探偵社には、3名4名体制が組めません。
数少ない調査のチャンスを逃すことなく、的確に依頼を遂行いたします。

調査人員数と成功率

浮気調査は、探偵社間の調査力の差が
もっとも表れる調査です。
また、他の調査以上に失敗が許されません。
もし対象者に調査が発覚するようなことがあれば、その後の調査が
できなくなる可能性があります。
料金だけでなく調査力も重視して
探偵社選びされることを強くお勧めします。
ご注意ください!!
最近、プロの私たちから見ても驚くような調査料金を目にします。 集客のために低料金を前面にアピールし、本来どんな調査にも必要になる調査車両料金、調査機材料金、報告書作成費などをオプションにし、そのオプションや諸経費の追加料金により契約時の見積り金額とかけ離れた請求をする手法が増えています。
調査は一件ごとに違うものですので、その内容や状況によって調査料金が変わってくるのはご理解いただけると思います。
たとえば、調査対象者の住居(一戸建てなのかマンションなのか)、住宅環境(閑静な住宅街か密集地か)、交通手段(自動車、電車、徒歩)、職業(会社員か自営業)、行動パターンなど、たくさんの項目を考慮しなければ適正な調査プランを立てることはできません。

当社では、それらさまざまな要素を加味したうえで調査見積りを提示しています。
いちばん大切なことは、調査は結果が伴わなければ何の意味もないということです。 価格のみに目を奪われることなく調査技術と調査体制の優劣をよく見極めて判断することが、結果として最良の選択だといえます。 また、調査終了後のアフターケアも大切な要素ですので、よく確認し納得したうえで、契約をご検討ください。