探偵まめ知識

成果報酬でのトラブル

●そもそも成果報酬って?

探偵の成果報酬とはそもそもどういったものなのでしょうか?
「調査に成功したら報酬を支払う」といった料金体系です。

では、この「調査の成功」とはどういうものなのでしょうか?
この「調査の成功」の認識の違いにトラブルがよく発生しています。

浮気調査であれば、「調査の成功」=「浮気の証拠」とならない場合があります。

そもそも、探偵の仕事はお客様が抱く不安や疑問の真実を明らかにすることです。
ですので、浮気調査の「調査の成功」は浮気をあばくものでなく、「依頼された期間(時間)内に対象者が浮気をするか、しないかを確認する」ことですので、対象者が浮気をしなかったとしても、浮気をしなかったことを確認したということで調査は成功になります。

成果報酬の「調査の成功」の定義は各探偵社によって、それぞれ変わってきますので、各探偵社に詳しく内容を確認しましょう。

また、基本料金や着手金のみを支払い、残りを成果報酬にするようなパターンもありますので、成果報酬での契約の場合は、支払い方法などを含めしっかり確認を行いましょう。

●成果報酬でのトラブル
・誇大広告
「完全成果報酬」の広告だけで、実際に相談すると通常のプランが提示されるケース

・調査をしてくれない
調査料金を前払いにした場合、調査を実際に行わず期間を引き延ばし続けて調査をしないケース

・成果報酬の内容があいまい
浮気調査の場合明確な報告書もなく「浮気をしていなかった」と偽り、成果報酬の金額をうけとる。

・成果報酬以外の費用が高額に
成果報酬での契約にも関わらず、調査費用や諸経費などとして費用が高額になるケース


成果報酬は、各探偵社で定義が決められている場合がほとんどです。
契約時には、書面や支払い方法、成果の確認などをしっかり行いましょう。