探偵ニュース対談vol.15

Vol.15 弁護士ー×原一探偵事務所 ※2018年11月1日 探偵ニュースに掲載されたものです。

法廷で勝つためには、強い「浮気の証拠」が必要

若梅
若梅

大阪を中心にご活躍されている弁護士の堀さんは、浮気調査が関係するご相談を多数受けているそうですね

堀

はい、不貞行為(配偶者があるにもかかわらず、配偶者以外の者と性行為をすること)が原因となる慰謝料請求や、離婚の争いに関する案件は多数ご依頼を頂いております。これらの争いでは、浮気の証拠が強ければ強いほど早期解決に繋がりますし、慰謝料額の増加に繋がることが多いです。強い証拠というのは、法廷で勝てる証拠ということで、相手が言い逃れできない事実を証明しているものです。

若梅
若梅

原一では、強い証拠をとるのが当たり前と認識していますが……

堀

実際には、強い証拠を持ってくる相談者は多くありません。探偵に頼んだにも関わらず、不貞行為の事実を証明する材料が乏しく、中には浮気相手を特定していないものもあります。相手が分からないのであれば、相手を訴えることもできませんし、証人尋問等で証言させることもできません。

若梅
若梅

浮気相手を特定するところまで原一のパッケージには入っています。

弁護士が探偵の情報を集めるのは難しい

堀

相談にいらした方に、こちらから証拠をとることを薦める場合がありますが、弁護士が原一さんのように質の高い探偵を知っているとは限りません。残念ながら、弁護士の間では探偵の情報は乏しく、大阪弁護士協同組合の加盟店から選ぶことが多いようです。

若梅
若梅

私たちの方からも、もっと弁護士の皆さんに向けて、情報発信をしていかなければならないですね。

堀

この対談の前に、原一さんの浮気調査の追尾訓練に参加させていただきましたが、正直驚きました。車、バイク、無線、高い技術を駆使し、連携をとって、強い証拠をとっているのですね。

若梅
若梅

訓練に参加してもらって技術を公開しているのは、他には真似ができないと確信しているからです。

堀

探偵の質は重要です。相談者の中には、初めに依頼した探偵で強い証拠が取れず、再度探偵に頼むかどうか費用で悩む方もいらっしゃいます。探偵と弁護士と両方に依頼するとなると費用もかさみますから、一度の調査できちんと強い証拠を取ってくれるように、より一層探偵選びには慎重になった方がいいですね。

若梅
若梅

いい弁護士、いい探偵が10年後の生活を変えるといっても過言ではないと思います。もちろん両方に頼むと費用はかかりますが、同じ費用をかけるなら無駄にさせたくはありません。

堀

ワンセットで動けたら、相談者の負担を減らすことにつながりますね。あらかじめ探偵と打ち合わせができれば、法廷を意識した調査報告書をお願いすることも可能になります。

若梅
若梅

そうですね。実現に向けて頑張りたいと思います。

探偵のメディアふむふむ
探偵のメディアふむふむ

  • 堀 智弘
    堀 智弘
    大阪弁護士会所属。大阪市中央区北浜にて堀総合法律事務所を経営。
    素早く丁寧で法律論に囚われない柔軟な対応と分かりやすい説明が、経営者・一般個人の双方から好評を得ている。
    年間相談件数300件以上。セミナー・講演実績も多数。

    弁護士法人 堀総合法律事務所
    https://horisogo.com/
    TEL:06-6229-5115
  • 若梅 秀孝
    若梅 秀孝
    入社20年、業界トップレベルの技術を有する調査員の代表的存在。
    バイク、車、徒歩、追尾を極めた日本でも指折りの調査員。
    人探しや浮気調査など多数解決した実績から、テレビ番組の出演や制作協力オファーが絶えない。