彼が浮気を自白した本当の理由

20代 女性

社会人になって付き合った彼氏は私にとって初めての彼氏でした。
最初のうちはそうでもなかったのですが、付き合って3カ月たつ頃から私は彼に自分の理想を強く押し付けるようになりました。
直接的な言葉で彼に求めることはしないようにしてはいましたが、今思うとかなり束縛が強い彼女だったと思います。
彼に大切にされることは、連絡をマメにもらうことだと思い込んでいた私は、彼に毎日連絡をしてもらうことを求めました。私の連絡に返事がないと、「どうしたの?」と追って連絡をして、彼の返事が来るまで携帯電話を握りしめて待っていました。

彼が「会社の飲み会」だと言えば「何時に帰るの?」「帰ったら電話して」と質問攻めにし、彼が「○時に帰る」と言った時間に帰ってないと執拗に「どこにいるの?」と連絡をして、聞いていた時間に連絡がないことを責め立てるようになりました。

彼はそんな私にうんざりしていたと思います。でも私はそんな事には全く気がつかず彼に「マメな連絡」を異常に求め続けました。

ある日、彼から「連絡できない時だってあることを理解してほしい」と言われました。私は今まで「分かってくれていた」はずの彼が急にそんなことをいい始めたことに驚きとっさに「浮気」の2文字が頭に浮かびました。

「浮気してるんでしょう?だから連絡がマメにできないんでしょう?」
「この前の飲み会で終電になったのも、浮気相手と一緒にいたからじゃない?」
私は彼にしつこく浮気を追求しました。

最初は「そんなことある訳ない」と否定していた彼でしたが、私が何度も何度も同じことを聞き続けると最終的には「そうだよ。俺は浮気してるでいいから、別れてほしい」と自白したのです。

私は「やっぱり!」としつこく彼を罵倒。その後なん時間も電話で彼を追求し続けました。 電話越しでも分かるそのうんざりとした彼の様子に私はイライラしたのを覚えています。
今思うと、彼は浮気をしていなかったと思います。それどころか私の束縛によく耐えてくれていたいい彼氏でした。
あれから、何人かとお付き合いしてあの時の自分がどれだけおかしかったか今では分かります。

浮気をしたことにしてでも彼は私から離れたかったのでしょうね。

浮気調査メニュー
bbbbbbbbbbbbbbbbbb